宅配・お店について

組合員活動レポート


【2015 福島の子ども保養プロジェクト in 神奈川】に参画しました
  日時:2016年3月30日(水)〜4月2日(土)
  宿舎:神奈川県立 YMCA 三浦ふれあいの村(三浦市初声町和田3136)
  主催:神奈川県生活協同組合連合会  福島の子ども保養プロジェクト実行委員会 
  協力:福島県生活協同組合連合会 コヨット
  参加者:福島の小学生39名(小学3年〜5年生)・大学生ボランティア21名
       富士フイルム生協9名

  「2015福島の子ども保養プロジェクトin神奈川」において、富士フイルム生協では
  3月31日に神奈川県生協連のご協力  の下「ミニバレーボール大会」を開催しました。
組合員三井友子様より手作りキーホルーダーをプレゼントいただきました。 ※クリックすると大きな写真が見られます
神奈川県生活協同組合連合会では東日本大震災・東京電力福島第一原発の過酷事故による放射性物質の拡散により、屋外での活動が制限されてしまう子どもたちを持つ福島県に住む保護者の気持に寄り添い、福島の子どもたちが‘神奈川の自然の中でのびのびと遊べる機会と安心して過ごせる環境‘を提供し、子どもたちの心のケアと明日への活力を育むことを目的として翌2012年春より、 毎年、福島から子どもたちを招いて宿泊型の保養に取り組む「福島の子ども保養」を行っています。